クレジットカードを所持するための方法

クレジットカードの審査と、その対策

クレジットカードの審査では、年収・勤務形態・勤務先・勤続年数・個人信用情報などが重要項目となっています。
近年では、アルバイトや派遣でも、一定の収入を得ていれば審査に通るようになってきています。
そのため、審査に落ちる人というのは、個人信用情報に不安があるケースが多いです。
個人信用情報とは、CICなどの個人信用情報機関に登録されたクレジット情報などのことで、クレジットカードやローンの支払いの記録などが登録されています。
金融機関は2,3の個人信用情報機関に加盟しており、審査ではこれらの情報を照会しますので、過去に延滞があったなどの情報は金融機関に筒抜けです。
具体的には、延滞が3ヶ月以上続くと、異動(事故)情報が個人信用情報機関に登録されます。
この事故情報は、一度登録されると、完済してから5年間は消えず、その間はクレジットカードやローンの審査に通らなくなります。
自己破産や、代位弁済、強制解約された記録なども事故情報として登録されます。
しかし、審査の基準は金融機関によってさまざまなので、1社落ちたからといって、次の1社にはすんなり通ることもあります。
過去に延滞などの記録があっても、現在の返済能力があれば、審査に通すという金融機関もありますので、複数の金融機関に申し込んでみることをお勧めします。

クレジットカードの特徴を解説

クレジットカードは買い物などの際に行う決済方法の1つであり、利用した代金を後払いする仕組みのものです。
一括払いの場合は利息が発生しないため、日常的な買い物で利用できます。
高額の買い物の場合でも分割払いを利用すればまとまったお金を一度に用意せずに済みます。
ただし、カードにはブランドがあり、加盟している店舗でしか利用できないので確認が必要です。
代金は登録した銀行口座から引き落とされますが、残高が不足して支払いの遅延が発生し、これが続くと個人信用情報機関に記録が残ってしまうので注意します。
後払いであり、カード会社には代金を回収できなくなるリスクがあるため、利用するには審査が必要になります。
安定した収入があり、これまでに金融事故を起こしたりしていなければ審査に通ります。
クレジットカードにはキャッシングの機能を付ける事もできますが、これはショッピングの利用と異なり、1日ごとに利息が発生するため、繰り上げ返済で早めに返済すると利息を減らせます。
クレジットカードにはランクがあり、サービス内容や年会費に違いがあります。
国内で日常的な買い物に利用するだけであればノーマルカードで十分です。
年間の利用額が高額になる場合や海外に頻繁に行く場合はゴールドカードやプラチナカードが役に立ちます。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_BB/script/randlink.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/ttfkozt2/public_html/inc/randlink.php on line 12

このページのTOPへ戻る